世界文化遺産総本山醍醐寺 カメラと散歩 姫路城 スーソン

 カメラと散歩 スーソン               
更新:H29.4.5 世界遺産:醍醐寺 ホーム
▲醍醐寺の境内の見事な桜  醍醐寺サイト

▲醍醐寺の境内に入って最初に驚いた門

▲醍醐寺の境内に入って最初に驚いた門
醍醐寺は聖宝理源大師が貞観16年(874)に上醍醐山上で地主横尾明神の示現により、醍醐水の霊泉を得、小堂宇を建立して、准胝、如意輪の両観音像を安置したのに始まる。そののち醍醐・朱雀・村上三帝のご信仰がよせられ、延喜7年(907)には醍醐天皇の御願による薬師堂が建立され、五大堂も落成するに至って上醍醐の伽藍が完成した。それに引き続くように下醍醐の地に伽藍の建立が計画され、延長4年(926)に釈迦堂が建立。ついで天暦5年(951)に五重塔が落成し、下伽藍の完成をみた。
醍醐寺はその後、真言宗小野流の中心寺院として仏教史において重要な地位を占めている。そればかりでなく、政治の中心にあった人達との交渉も深く、例えば藤原一族に代わって大きい権力を持っていた権門源俊房の系統(醍醐源氏)の人が座主として幾代も続いた。そして座主勝覚(俊房の息)の時代に山上・山下共に伽藍がことごとく整備され、永久3年(1115)に三宝院が建立され醍醐寺発展の基礎が確立されたのである。   醍醐寺のサイト案内より

▲醍醐寺:境内見取り図

▲醍醐寺 :境内見取り図
▲醍醐寺の桜−1
▲醍醐寺の桜−2
▲醍醐寺の桜−3
▲醍醐寺の庭−1
▲醍醐寺の庭−2
▲醍醐寺の庭−3
▲醍醐寺の庭−4
▲醍醐寺の庭−5
E-P5 ホーム