H24.11.28 桜 島 ホーム
桜島の突然の爆発にであった。

桜島(さくらじま)は、鹿児島県の錦江湾(正式には鹿児島湾)にある東西約12km、南北約10km、周囲約55km、面積約77km²の火山島。かつては文字通り島であったが1914年(大正3年)の噴火により大隅半島と陸続きとなった。

桜島の突然の爆発の前の眺め(フエリー甲板より撮影)
突然の爆発で噴煙が高く立ち上る。
▲霧島錦江湾国立公園「桜島」の湯之平展望所。
▲上図は湯之平展望所の看板の図を撮影したもの

火口から一番近い展望台というふれこみの湯之平展望所。
噴火の影響もあって周辺は現在も荒地状態で、すぐ近くに見える御岳以外は山肌がごつごつしている風景となっているが、逆にそれだけ山の印象が強く出る感じがする。噴煙が出てるのが見え幸運だった。

この展望所は高い場所にあるので鹿児島市街を臨む景色を一望できる。

展望所 からの眺め。

▲望遠レンズで見ると険しい表情が見える

▲「桜島」の有村溶岩展望所。
▲たくさんの溶岩の中にかなりの石碑がある
噴火による溶岩のかたまりのよう岩がたくさんみられる。その−1
噴火による溶岩のかたまりのよう岩がたくさんみられる。その−2
▲かごしま水族館がみえる(フエリー甲板より撮影)
桜島へ渡るフエリー
▲偶然横綱白鵬を見る

第69代横綱白鵬 翔激励会が開催される予定があり、横綱と同じホテルに泊まり翌朝、横綱の出発前のすがたや笑顔であいさつをされている場面 を見ることができました。

城山観光ホテル のイルミネーションが綺麗で鹿児島市内の夜景も楽しめた。その−1
城山観光ホテル のイルミネーションが綺麗で鹿児島市内の夜景も楽しめた。その−2
  ホーム