カメラと散歩 スーソン               
H24.12.14 赤穂義士祭 ホーム
  最大の目玉である忠臣蔵パレード:義士行列  

最大の目玉である忠臣蔵パレードは、市内小学生による金管バンドパレードを皮切りに、東映剣会による「殺陣(たて)」、色艶やかなお姫様衣装を身にまとった赤穂義士娘による「義士娘人力道中」当時の赤穂藩主の参勤交代を偲ばせる「大名行列」、殿中刃傷の場や討ち入りの場など忠臣蔵の7つの名場面をそれぞれの車上で演じる「山車(だし)」そして意気揚々と芝高輪泉岳寺へと向かう四十七義士に扮した「義士行列」へと続き、沿道を埋めつくした数万人の観客を元禄絵巻さながらの世界へと誘います。

赤穂義士にまつわる史跡等のウェブ版  音楽 を演奏するデバイスのインストール
★平成24年大石神社★平成24年赤穂義士祭★平成26年赤穂義士祭
 
今日は12月14日、もう古〜い世代にしか通用しないでしょうが
「忠臣蔵」赤穂浪士、討ち入りの日なんですよ。
時は元禄15年12月14日
本日は、月は替われど 殿様のご命日
降りしきる 雪の中
47人の赤穂浪士が ひたひたと駆けて行く・・
主君は江戸城松の廊下にて刃傷に及び、即切腹の刑に処せられたのです。

風さそう 花よりもなお われはまた

春の名残りを    如何に問やせん

この辞世の句を詠んで亡くなったその日は、閏う3月14日のことでした。
 
義士行列:その2
義士行列:その3
義士行列:その4
▲東映剣会殺陣:衣装の着こなしはやはり一流。

▲日本南京玉すだれ協会:爺さんいこうよ!

▲赤穂市大名行列保存会:奴踊りや荷物の受け渡しを披露していた。
▲赤穂市大名行列保存会:籠から降りてきたきたのは可愛い若様でした。
▲忠臣蔵名場面の山車:りくとの別れの場。
▲協賛パレード:関西福祉大学の「はやかご」
▲義士祭の先頭を切ったのが金管バンドパレードの小学校児童 たち
▲赤穂義士祭のオープニング:原小学校の太鼓
  ホーム