カメラと散歩 スーソン               
H25.01.26 丹波篠山町並み散策 ホーム
▲篠山市立歴史美術館
篠山市立歴史美術館は、城下町篠山に伝わる、武具、漆芸、絵画などの美術品をはじめ、江戸時代末期に篠山藩窯として開かれた磁器窯−王地山焼の名品の数々、さらに古代の篠山の文化を物語る埋蔵文化財を一堂に集めて展示しています。
美術館本体は、明治24年(1891)篠山地方裁判所として建築されたもので、木造の裁判所としてはわが国最古の重要建造物です。この貴重な明治建築の外観および旧法廷を従来の姿で残しながら、美術館にふさわしく内部を改築したものです。
わが国屈指の明治建築と、古代から近世までの篠山の歴史を語る美術品の数々をご覧ください。
篠山市観光情報 / 篠山市ホームページ / 篠山市立歴史美術館
▲篠山市立歴史美術館の南門
▲篠山市立歴史美術館 全景と南の入口
▲篠山市立歴史美術館の東入口
▲篠山市立歴史美術館の南門を入った所の建物、木造づくりの美術館は珍しい。
▲町並みに合わせた和風調の店が続く
▲銀行も近代的な建物では無く、町並みに合わせた和風
▲町並みに合わせた店構え
▲町並みに合わせたなつかしい商品の店「なつかいし屋」
▲町並みに合わせた平屋の建物、左が雑貨屋で右が黒豆珈琲の喫茶
▲町並みに合わせた旅館の建物
  ホーム
D7000