カメラと散歩 スーソン               
H25.4.3 廣峯神社:御田植祭 ホーム
廣峯神社:御田植祭にてお城の女王も二名参加
毎年4月3日(もとは旧暦3月3日)に行われる御田植祭は、農耕に災いをもたらす疫病神(害虫など)を傘鉾(カサバコ)に封じ込め、拝殿前に設けた仮田で田人と早乙女が早稲・中稲・晩稲の田植えの所作を行ったのち、傘鉾を牛頭天王を祀る本殿に封じ込めるもの。
さらに4月18日には御田植祭と一連の行事である穂揃式と走馬式が行われる。穂揃式は早稲・中稲・晩稲の稲穂を供えて豊作の品種を占うもので、この稲穂を天王穂といい、行事のあと人々は競って天王穂を持ち帰ったという。走馬式は馬駆けで豊凶を占うもので、江戸時代は姫路藩主が馬を奉納していたという。
お祓いを先頭に田植祭の神事に参加の行列が続く。
宮司と世話人会の方でしょうか行列は続く
広峯保育園の園児も行列に参加。
太鼓に笛と蓑を着た姿の行列
隨神門へ向かい拝殿前の御田植神事の行われる場所に入る行列。
▲行列は拝殿前に整列
お城の女王も記念撮影
▲軍師、官兵衛の平成26年度NHK大河ドラマをPR部隊
D300S ホーム