カメラと散歩 スーソン               
H25.05.11 白毫寺(びゃくごうじ) ホーム

白毫寺(びゃくごうじ)は、兵庫県丹波市(旧氷上郡市島町)にある天台宗の寺院で山号は五大山。本尊は薬師瑠璃光如来。120mの藤棚の「九尺藤」は圧巻。

705年(慶雲2年)、法道の開山により創建されたと伝えられる。その後、兵火により焼失したが、天正年間(1573年-1592年)に中興された。江戸時代には江戸幕府から朱印状を与えられていた。 

所在地:兵庫県丹波市市島町白毫寺709 TEL_0795-85-0259
白毫寺のサイトはこちら 単焦点レンズ使用 28o、F1.8
白毫寺の門前前の大きな石碑
白毫寺の大きな石碑
白毫寺の山門前の詠歌の碑
白毫寺の山門前の池は手入れが行き届いてる。
太鼓橋を渡ると石段があり、その上には総本堂の「薬師堂」があります。
白毫寺の回向本堂

白毫寺の回向本堂前の庭

白毫寺の庭や周辺は手入れがされているので気持ちがいいです。
白毫寺の「九尺藤」と呼ばれている藤−その一
白毫寺の「九尺藤」と呼ばれている藤−その二
白毫寺の「九尺藤」と呼ばれている藤−その三
白毫寺の「九尺藤」と呼ばれている藤−その四
白毫寺の「九尺藤」と呼ばれている藤−その五 広角レンズ10o使用
白毫寺の「九尺藤」と呼ばれている藤−観光客が多い
D300s ホーム