カメラと散歩 スーソン               
H26.11.11 円通寺(えんつうじ)ホーム

「2」円通寺 永谷山 円通寺サイト

永徳二年(1382)正月、将軍足利義満が後円融天皇の勅命により創建した曹洞宗の名刹であり、年号の首字をとって「永谷山」と号し、天子の宝号の1字をとって「円通寺」と名付け勅願所と定められた。御本尊は如意輪観世音菩薩像で、後小松天王より、下裏されたものと伝えられています。現在のの本堂、庫院などの建築物は江戸時代に再建されたものです。広い境内はもみじの名所です。

丹波市観光協会パンフ「愛しませ丹波」より

丹波もみじめぐり @高源寺 A円通寺 B岩瀧寺 C達身寺 D高山寺

 E白毫寺 F神池寺 G石龕寺 H小新屋観音 I慧日寺 丹波もみじめぐり

円通寺の入り口付近
円通寺の入り口付近紅葉

樹齢約700年、丹波市指定天然記念物の大杉です。

「賀茂大明神」の御神木とされます。
他に、本堂裏のタブの木(樹齢300年)、糸桜(同200年)も併せて市の天然記念物となっています。

仁王門から中に入ると、左右に放生池が広がります。

右の池のあたりには、昔源融が建立した賀茂大明神がありました。
円通寺建立の際、現在の賀茂神社(町内賀茂)と神野神社(町内北御油)に分祀されました。

本堂南端の紅葉
円通寺本堂
本堂南端の紅葉
放生池の西参道の紅葉
参道の紅葉
放生池の西から
放生池の南から
D300sホーム