カメラと散歩 スーソン               
H27.6.20 福崎町の河童の河太郎と河次郎ホーム

福崎町の河童の河太郎(がたろう)と河次郎(がじろう)

 福崎町出身の民俗学者・柳田國男の生家や特産館もちむぎのやかた近くにある「辻川山公園」のため池に、河童の河太郎(がたろう)と河次郎(がじろう)が出没します。
 これは、柳田國男が幼い頃を過ごした福崎町辻川での暮らしぶりなど、自身の人生を回顧して書いた著書『故郷七十年』に登場する、市川の駒ヶ岩の河童のガタロ(河太郎)をモチーフにした河童の兄弟で、1匹は池のほとりにいますが、もう1匹は池の中にいて、9時〜18時の毎時00分と30分に水中から飛び出して来ます。
 河太郎と河次郎がいる辻川界隈は、福崎町の歴史・文化の中心地。歴史を感じさせる建物が目白押しで、まちなみ散策だけでなく、うどんにあらず、そばにあらずの独特の食感が特徴の特産「もちむぎ麺」も食べることができるスポットです!ぜひお越しください。
福崎町観光協会より

福崎町の河童の河太郎 −A
福崎町の河童の河太郎 −B
福崎町の河童の河次郎(がじろう)
 
福崎町の河童の池
E-P5ホーム