カメラと散歩 スーソン               
H27.9.7 神戸港過去最大の客船「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」がやってきた。ホーム

神戸港過去最大の客船「ボイジャー・オブ・ザ・シーズ」がやってきた。

動く街並みの元祖ともいえる13万トン級客船。2014年に改装をしたことで、新たなレストランの創設や、船上サーフィンが登場しました。シニアからお子様まで、あらゆる年代のお客様でも楽しめるように工夫がされている、人気の客船です。
総トン数:137,276トン 乗客定員:3,286 船内通貨:アメリカドル
全  長:310メートル 全  幅:48メートル 就航年月:1999.2014.10改装
アイススケートリンク、様々なショップやカフェが立ち並ぶ4デッキ吹き抜けのpプロムナード、フルサイズのバスケットコートやウォーター・スライダー付きのファミリープール「アドベンチャー・ビーチ」など、これまでのアジア・クルーズの客船にない多彩な施設が整っています。

★★★★★ボイジャー・オブ・ザ・シーズの船体写真リンク★★★★★

▲ポートターミナル:神戸港新第四突堤の見取り図
▲ポートターミナルへ歩いて近づくも立ち入り禁止で警備員がいた。
▲ポートターミナルの屋上の歓送迎デッキから見ると大きさに圧倒される。
▲船首の一部をカットして全体を撮影した。
▲前から撮影したが高速道路からでも全体が撮れない。
▲上甲板のガラスの階は展望デッキのようです。丸いのはレーダーのアンテナでしょうか
▲ホートターミナルの屋根よりはるかに高い。
▲ポートライナーの軌道よりボイジャー号の方が高い。
ボイジャー号接岸の突堤から西方面を見ると中突堤のポートタワーが見えます。
ボイジャー・オブ・ザ・シーズのツアー専用の名称やマークが使用されてる。
乗客の下船タラップは船内に収納されているフラットなものです。
▲大型船らしく船室の大きな窓や船体の清掃は船に取り付けられた移動梯子があるようだ。
▲新第四突堤で使用の大型客船に対応する大型リフト
★★★★★ボイジャー・オブ・ザ・シーズの船体写真リンク★★★★★
★船体の側面(突堤東側)から撮影する予定でしたが降雨のため中止しました。
OLYMPUS E-P5ホーム